作詞 楽曲制作依頼のポイント

作詞をする上でポイントを押えたやり方をしていますか

更新日:

作詞をする上でのやり方

皆さんは作詞をする上で、何か心掛けていることがありますか。心掛けていらっしゃれば、成長を実感されておりますか。

もしも成長したとお感じでなければ、やり方が良いわけですね。このページをご覧になる必要はありません。

ですが、成長したとお感じでなければ、参考になる良いやり方があります。

今回は作詞をするに当たっての、向上するポイントをご説明します。

スポンサーリンク

Taguchi music ver1

1. 作詞を勉強する上で向上する方法

1-1 (ポイント)自分の好きなアーティストの歌詞をノートに書き写す

これは、知り合いの先生が薦めているオススメ方法です。

私も、過去の有名な曲やヒットソングなどを書き写して、勉強しておりました。

これは実際にやって見ると、言葉の情感や起承転結など深く分かるようになりますので、本当にオススメです。

 

ただし、この方法をやる上で良くない方法があります。

1-2 向上出来にくいやり方

1-2-1 眠いときにやる(笑)

歌詞の世界感や流れをつかみながら書き写すことが大切ですので、眠いときにやるのは理解が浅くなるのでもったいないかも知れません。

1-2-2 集中せずにやる

やらないよりはいいと思いますが、歌詞を理解する際は集中しないとできません。まとまった時間をとって集中してやった方が良いです。

1-2-3 ご飯を食べた後にやる

ご飯を食べた後は眠くなることが多いので、集中出来ませんよね。辞めた方がいいです。

1-2-4 パソコンにデータを入れる

パソコンには、直接言葉を書くわけではないので、出来れば言葉を1文字づつノートに書く事のほうがより理解できます。

 

1-3 オススメのやり方

1-3-1 朝の早い時間に行なう

朝は脳が一番疲れていないゴールデンタイムですので、この時間帯に行うと深いところまで理解できることが多いです。

1-3-2 決めた時間内で行なう

だらだらと歌詞を書いても意味が無いので、時間を決めて行なうと集中ますので効果的です。

1-3-3 継続して行なう

やはり最低でも数ヶ月は継続しないと歌詞の世界感や語彙などものにできません。継続してやるように心がけましょう。

1-3-4 楽しんでやる

継続する上で義務感でやっていると、眠くなることがあります。やらないよりはましですが、やるからには歌詞から何か一つでもつかんでやるという気持ちで楽しく行なうとよいです。

1-3-5 言葉に出しながら書く

勉強と同じで、言葉にしながら書くとより、言葉が深く理解出来るようになります。

 

2. 作詞をするということ

lylic-point

あなたも好きな作詞家やアーティストの方がいると思います。

そのような方が、自分の経験を歌詞にすればいいという方もおりますが、それが簡単に歌詞にできたら言うことはありません。

私はDTMのレッスンをしておりますが、生徒の方で自分の経験を歌詞に出来るのは、過去に歌詞を書いてきている人のみです。

自分の経験を詞に変える作業は、始めはなかなか出来ませんし、ネタも長くは続きません。

 

では、経験が無いと詞を書けないかというとそうではありません。

まずは、詞を書くための土台作りをするということです。

その第一歩が、好きな作詞家やアーティストの歌詞を書き写すと言うことです。

私も、上記の方法で歌詞をノート数冊分書き移した時期もあります。

日本の童謡作詞家や森雪之丞さん、アーティストでは、松任谷由実さんやミスターチルドレンさん、そしてスピッツさんなど。歌詞の世界感がとても豊かな方々で、タイトルや内容に含まれる世界感や、言葉の選び方などとても勉強になります。

 

まとめ. 歌詞をコツコツ書き写してみよう

作詞をする上で考ながら書き続けることも大切ですが、書き写す方が理解が深まります。

そのようにしてからあなたの作詞をされると、作曲(メロディ)がより深く理解できるようになります。

今回のやり方を、だまされたと思ってぜひやって見てください。何度も行う事で歌詞の奥深さが理解できるようになってきます。面白いですよ♪

【関連記事】初心者でも出来る作詞の簡単なやり方

【関連記事】鼻歌やメロディを iphoneやICレコーダーに録音しよう

記事が参考になったら、いいね!お願いします♪

Taguchi music ver1

Taguchi music ver1

-作詞, 楽曲制作依頼のポイント

Copyright© TAGUCHI音楽事務所 , 2017 AllRights Reserved.