作曲 楽曲制作依頼のポイント

メロディのバリエーションを広げる5つの方法

更新日:

メロディーのバリエーションを広げる5つの方法

毎回浮かんでくるメロディが同じになっていませんか。または意識して変えようとしても、似たようなメロディになっていませんか。

今回そんな悩みを解消する、メロディのバリエーションを広げる5つの方法をご説明します。

スポンサーリンク

Taguchi music ver1

1. 音域(ピッチの高さ)を変えて見る

メロディは何となく作っていても数が多くなってくるとどうしても似てきます。上にピッチが上がる歌い方をしたり、または、下に下げていく歌い方をしたりすることで歌が似なくなっていきます。

普段何となくこの方法をされていると思いますが、ここをしっかりと意識することでいつもと違うメロディが生み出せるようになります。

 

2. リズムを変えて見る(大切)

メロディを作る際にリズムはどれくらい意識していますか。実はリズムが似ているとメロディが似てしまいます。

ですが、一般的にメロディの音域(ピッチ)にばかり意識がいっており、リズムは重視されておりません。リズムを変えれば、歌ががらっと変わります。ですが、リズムは基本的にその人の身体の中にある物しか出てきません。

変え方は、リズムを切って歌うや、休符の入れ方など変えて見るとリズムが変わったり、アクセントの入れるタイミングを変えるとリズムが変わってきます。

後は好きなボーカリストだけでなく、色々なボーカリストの歌を歌うことで、違うリズム感も養われます。

 

3. テンポを変えて見る

歌うテンポが一緒だと、何となく似てきます。人はそれぞれ好きなテンポがあります。ですのであえて違うテンポにしてみると、違うメロディが出てくるようになります。

実行する際は、いつもより歩く速度を変えながら歌って見たり、または、手拍子をしながら歌ってみたりなどで試してみると。

 

4. 好きなボーカリストになりきってみる

好きなボーカリストになりきって歌ってみると、そのボーカリストが持っている特徴を活かしながらメロディを作ることになりますので、自分では出せないメロディを作りやすくなります。

やり方の参考)好きなアーティストの歌を少し歌いながら、途中から歌を変えて見るなど。

 

5. 音楽を聴いた後に歌ってみる

音楽を聴いていると、自然とメロディが入ってきます。その後そのメロディを意識しながら歌うことで、自分の癖が出にくい形で違うメロディを作りやすくなります。

 

まとめ. 練習することでメロディはいくらでも変化されられます

 今回、メロディに変える方法をご説明しましたが、メロディは似たメロディではなく、いくらでも違うものを出すことは出来ます。そのためには、正しいやり方をしなければいくら頑張っても違うメロディは出せません。

今回お書きした方法をコツコツやると、びっくりする程メロディバリエーションが広がります。気に入った方法で繰り返しやって見てくださいね。

【関連記事】鼻歌やメロディを iphoneやICレコーダーに録音しよう

【関連記事】初心者でも出来る作詞の簡単なやり方

【関連記事】【知っていますか】ハイレゾ音源を購入する際に役立つこと

 

下記ボタンで、フォローもらえると嬉しいです♪

Taguchi music ver1

Taguchi music ver1

-作曲, 楽曲制作依頼のポイント

Copyright© TAGUCHI音楽事務所 , 2017 AllRights Reserved.