ヴォーカル 歌が上達する方法

歌が上手くなる方法【ピッチ編】

更新日:

歌う女性

前回は、歌を向上させるために継続する方法をお書きしました。

今回は歌で良く取り上げられる「ピッチ」について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

Taguchi music ver1

1. ピッチを合わせる練習方法

まずは歌について話をする前に、ボーカルの音楽用語が色々と曖昧なので、始めに分けて説明したいと思います。

  • メロディ:曲のメロディラインのこと
  • 歌   :人が声に出して歌うこと
  • ボーカル:上記よりも狭い個人ボーカリストのこと
  • 音域  :メロディの音域幅
  • ピッチ :例えばA(ラ)に対して、若干低いラ、若干高いラ

1-1 練習するポイント

ピッチを練習するには、まずはメロディの動きを意識しなければなりません。

通常メロディが上がっていく歌は、ボーカルのピッチが上がりきらないことが多くあります。

ド レ ミ ソ というフレーズがあれば、レが若干低め、ミも若干低め、ソも低めになる

逆にメロディが下がっていく歌では、ボーカルのピッチが下がりきらないことが多くあります。

ド シ ソ であれば、シが若干高め、ソも高めになる

もちろん、ピッチをきっちり合わせればいいという話ではなく、歌を歌っていてどのようなことが多く起こるのかを知る事が大切になります。

この事をおさえながら練習を行う事で、それぞれの音をより正しいピッチで歌うことが出来ます。

 

1-2 ピッチは正確に合っていた方が良いのか

私は、その曲の世界観やテーマなどに合わせてピッチを合わせたり、逆に外したりする方がいいと思います。

歌のピッチがぴったり合っている曲は、最近のメジャー業界で比較的多いと思います。現在ピッチ修正ソフトを使用して歌を調整することが主流になっているからです。

もちろん使い方によっては素晴らしく適度な補正で良い歌もあるのですが、逆に過度にピッチを合わせ過ぎている歌も多くあります。

なぜなら、本来はボーカルによって多少ピッチにずれが出るはずで、しかしそれがある事でその後の盛り上がる部分がより感動できたり、また、わざとピッチを外していることが、その曲の世界観を上手に表現することになることもあります。

その歌を聴いて育った人は、それが当たりまえの歌になってしまいますので、ピッチに意識が向きすぎてそれが出来ない自分を過度に意識して練習をしないかを考えています。

これらの点をふまえ、どのようなピッチを合わせる練習をするのかを考えていかなければなりません。

 

1-3 曲全体を見た際に、どこに山場を持ってくるのか

歌の上手い歌手は、もしかするとこんな事は考えてもいない方もいらっしゃると思いますが、歌をトレーニングしている方は、曲全体の中で、山場をどこに持ってくるのかを意識することで、歌い方が徐々に分かるようになります。

 

まとめ.

歌の音域(ピッチ)を合わせることは、ボーカリストにとって重要な課題だと思います。

関連記事:歌が向上する方法(歌が上手くなるとは)

関連記事:歌が向上する方法(継続力を身につけるには)

Taguchi music ver1

Taguchi music ver1

-ヴォーカル, 歌が上達する方法

Copyright© TAGUCHI音楽事務所 , 2017 AllRights Reserved.