ヴォーカル 歌が上達する方法

歌が上手くなる方法【歌の力】

更新日:

歌う女性

前回は、『 歌が上手くなる方法【ピッチ編】 』歌を上達させるためのピッチの話をしました。

今回は、歌の持っている力についてお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

1. 歌の力

ピアノ、ギター、ドラム、ベース、バイオリン、トランペットその他、色々な楽器がありますが、人の心を感動させるパートで歌に勝るパート(楽器)はありません。

歌の力とても大きいです。

それは、

まず言葉を扱っていると言うこと。

歌詞にストーリー(起承転結)あること。

そして、

それを楽器以上の多彩な表現で歌うことが出来るからですね。

 

歌の力を上げる中で、聴いている人をどれだけ感動させられるか

 

ボーカリスト(アーティスト)として重要なことだと思います。

 

1-1 感動する歌とは

感動とは、総合的な感覚的部分のことだと思います。

具体的に考えてみると、「歌で励まされたり、歌で泣かされたり、歌で喜びをもらったり、歌で勇気をもらったり」と、かなり感覚的な部分を含んでおります。

これらは他の楽器にはあまりない、多彩な表現が出来るのがです。

 

その点から、歌うボーカリストの表現力で感動の幅が違ってきます。

 

感動とは、歌い手の力によるところが大きいということですね。

歌以外のちょっとした話

歌の世界を彩る、編曲やミックスもまた大切な要因になりますが、今回は歌の話しですので、また他の機会に記事を書かせて頂きますね。

 

1-2 歌で感動させるには

感動させる歌を歌うには、歌の表現力を身に付けなければいけませんね。

まずは、日常の色々な事に目を配って、一日づつ何か新鮮さをもって生活してみてください。

自分が感動や喜ぶ心を得ることで、人を感動させる心につながります。

 

感動や喜びは、日常生活の全てとつながっています。

 

そして、人とのコミュニケーションで、相手を褒めたり、喜ばせたり、感謝を伝えたりしてください。

そしてそれらの言葉に、心を込めてください。

 

その習慣が、あなたの歌の表現になって出てくると思います。

 

1-3 歌の力を上げるには

まずは、心から曲やメロディを好きになってください。

好きな気持ちが歌ににじみ出てきます。

 

また詞を暗記して、詞の意味を理解しながら何度も歌を練習してみてください。

表現力が身に付くようになります。

 

常日頃の話し方から、声を大きく出す意識をしていきましょう。

リスナーの人に声が届くようになります。

 

楽しんで歌を歌っていきましょう。

喜びが伝わるようになります。

 

人との会話を楽しんで行いましょう。

相手との絆が生まれます。

 

その他、人それぞれ感動させる歌を歌うための土壌作りは、至る所に溢れていますね。

 

まとめ

日常生活の至る所に、歌の力を上げるきっかけがあります。

あなたはどのような努力をして歌の力をあげますか。

歌唱力を引き上げるために、一つづつ取り組みましょう。

関連記事:初心者でも出来る作詞の簡単なやり方

関連記事:メロディのバリエーションを広げる5つの方法

関連記事:歌が上達する方法(歌が上手くなるとは)

-ヴォーカル, 歌が上達する方法

Copyright© TAGUCHI音楽事務所 , 2018 All Rights Reserved.